RSS
Admin
Archives

~ふらふら低空飛行~

主に漫画感想、オススメ紹介などなど。でも最近は備忘録になりつつもあり小説、アニメなど何でも有りブログ



今月期待の新刊!
GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
「GUNSLINGER GIRL」13巻

公社、五共和国派との最後の戦い。
彼らの復讐の結果、彼女たちの未来はどうなっていくのか…。

2月の管理人の購入予定
3月の管理人の購入予定
4月の管理人の購入予定

プロフィール

tombo

管理人:tombo


なにより漫画が大好き!
特に青春、SF系、歳の差恋愛好き。
過去記事でも気軽にTB、コメントなど頂けるとスゴク喜びます。

なにか、面白い漫画やオススメがありましたら、左下のメールフォームやコメントよりお教えください~。

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
ブログカレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Amazon検索
当ブログオススメ作品   
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
「となりの怪物くん」

ろびこ先生の本格初連載作品。変わった二人の不器用な恋物語!周りにも濃いキャラ盛り沢山で一押しです。男性にも超オススメ!


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)
「たいようのいえ」

大好きなタアモ先生の初長期連載。幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー(?)年の差恋愛好きの方にもオススメですよ!



少女ファイト(1) (イブニングKCDX)
「少女ファイト」

熱さに定評のある日本橋ヨヲコ先生の青春バレー漫画!圧倒的な熱量に芯のあるキャラ。未読の方は是非



おおきく振りかぶって (1)
「おおきく振りかぶって」
個人的には最近の野球マンガの中ではダントツ!先入観を捨てて読んでほしい。(紹介記事)

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
「ベイビーステップ」
本格派テニスマンガ!努力で論理テニスを追及していく。本当に実際にプレイしたくなるマンガです。テニス経験者も楽しめますよ!(紹介記事)

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)
「金魚屋古書店」

漫画好きによる漫画好きのためのマンガ。古典的名作漫画に出会えるかも。しかし漫画好きの中にも上には上がいるものです。正直心が震えました!



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている」

祝アニメ化!独特なノリとセンス。ハマる人はどっぷり引き込まれてしまう。気付けば読み返してしまう不思議マンガ。(紹介記事)


高杉さん家のおべんとう 1
「高杉さん家のおべんとう」
お弁当が繋ぐ心の絆!男性、女性を問わずオススメできる温かい作品です。(紹介記事)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)
「友達100人できるかな」
とよ田先生、期待の新作!対象年齢大人以上?今度はSFで直球物語だ!(紹介記事)

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
「第七女子会彷徨」
変なキャラたちテンコ盛り!ゆる~い作中になんだか深いものを隠し持ち、どこか不思議でシュールブラックな雰囲気を漂わせるマンガ。(紹介記事)

みつどもえ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「みつどもえ」
まさかのアニメ化です!ギリギリの一歩先に行っているマンガといえるかも…!私は矢部ひと派ですw (紹介記事)
カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
2010.08
03

Category : おすすめ映画
おすすめ映画の第三弾、「プライベート・ライアン」
今までオススメしてきた映画とは毛色が違う。本当にリアルな戦争映画です。10年以上前の作品ですが、私が観た戦争映画の中では確実にベスト3には入る、これからも入り続けるであろう映画です。

プライベート・ライアン [DVD]   プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

「プライベート・ライアン」あらすじ
「史上最大の作戦」ノルマンディー上陸作戦。ミラー大尉に、ライアン上等兵をノルマンディー戦線から無事帰国させよ、という任務が下った。
ライアン家の4人兄弟は3人の兄弟が戦死、彼が唯一の生存者。息子を本国で待つ母親に全員の戦死の報せが届くのは残酷だ。一人でも生かし、親の下に返してやりたい、上層部の配慮だった。
ミラーは一人を救出するため部下の命を危険にさらす任務に乗り気ではなかったが・・・。敵陣深く進入し、ジェームス捜索を始める。

おすすめポイント

・圧倒的な戦争描写、内容
・リアル(グロ)耐性のある方
・兵器マニア必見の内容
・豪華な俳優陣
・戦争未経験、戦争について考えたい方



2つ以上あれば、間違いなく気に入ってくれるはず・・・。
(これを見て借りたのに、気に入らなかったという方はすいません)


非常に有名な映画だと思いますので、いまさら感がありますが・・・。
スティーヴン・スピルバーグ監督の映画です。
SF系映画の方が有名かもしれませんが、彼は他にも「太陽の帝国」、「シンドラーのリスト」といった戦争映画を監督しています。特に「シンドラーのリスト」は名作だと思いますので、時間のある方はぜひ観てください。

この作品を語る方は、確実に序盤と後半のリアルな戦闘を語ると思います。
上陸時の機関銃掃射。このシーンに耐えられないと「プライベート・ライアン」の評価がガクっと下がるかもしれない。それほど、作り物だとは思えないリアルさ、本当に衝撃的でした。

兵器、武器マニアの方にも満足できるのではないでしょうか。 物凄くこだわって作られた映画です。実物だったり歴史再現家による精巧なレプリカが使われています。兵器・車両は可能な限り実物(一部は違うものもありますが)

リアルさもおすすめポイントとしてますが、個人的に+αぐらいに考えてほしい。やはり、戦争映画で重要なのは内容とメッセージ性だからです。
「プライベート・ライアン」は正面から戦争を描く事がテーマだと思います。国対国というマクロな視点ではなく、人対人というミクロなものです。戦争という大きなイベントで一兵士の現実とはどんなものか。そこを描いたのがこの映画。


本当に凄い映画です。「戦場で死なない事」の重みが心に迫ってくる。これからも何度も観ていくんだろうなあと思います。少しでも興味のある方は、自分の目で確かめてほしいです。

どんなことでもいいので、感想、コメントなどいただけると嬉しいです。

以降私の感想です。ネタばれ反転
まず、スピルバーグ監督がアメリカの戦争賛美、ユダヤ風のプロパガンダではないのか?という方がいるようですが、私は違うと思います。
「プライベート・ライアン」だけに限れば、アメリカ兵、捕虜となったドイツ兵の行動などから、そう解釈する人がいるのは否定は出来ません。

しかし描いたのは、あくまでも戦場での心理です。スピルバーグ監督がドイツ軍を蔑視をしてるのか?と言われると、彼の作品「バンド・オブ・ブラザース」を見てもらえると分かると思いますが、ドイツ軍蔑視論なんてありえませんよ。
(映画ではありませんが「バンド・オブ・ブラザース」もオススメです)

上は蛇足だったかも…。ここから感想です。長くなりそうなので、抑えめで。

戦争に関しては、安直に良いとも悪いともいえません。
「感動しました」と単純に言っていいのかどうかも分かりません…。
経験していない自分に、否定する権利は有るのか。「沢山犠牲になるから」言い捨てて良いのか。 「肯定だけはいけない」、それだけは確かに言えます。

冒頭の上陸シーンで生死を分けたもの。ほんのわずかの運命でしかない事が判ります。戦争映画によくあるヒーロー的戦闘は存在しない。死とは銃で撃たれ倒れる事。映画特有のお約束を否定して、死ぬ事は唐突で日常的かという事をリアルに描いている。

アパムに関して言えば、正直に凄いヤツだと思いました。イライラすることもありましたが。戦争という特殊な環境で一般人としての感性を残せている。アパムは本当に優しすぎた…。

階段にうずくまっているシーンも 本当に心が痛かったです。逃がした捕虜が戦友を殺す。行ったとしても、助けられたか分からないんですが、一生この戦争のことを引きずると思うと、なんとも言えない気持ちになります。

ラストで:「お前の犠牲になった何人もの命を抱えて、しっかり生きろ」
ライアン:「中隊長の言葉を一日も忘れたことは無い。その為、一生懸命に今日まで生きてきた」 「僕は良い人間なのかな。価値のある人間なのかな。」

極限まで戦争のリアルを表現しきったからこそ重みが出る言葉。
ここで見せる老人の敬礼、こんな気持ちがこもった敬礼シーン、私は感動という感覚ではなく、押し出されるような涙が流れました。

戦争の矛盾と皮肉。「戦場での死」そのことによって浮き彫りにされる「戦場で死なない事」の重み。プロローグとエピローグの描写。映画の醍醐味がきっちり盛られた名作だと思います。


スポンサーサイト
2010.07
12

Category : おすすめ映画
おすすめ映画の第二弾、「エターナル・サンシャイン」
おそらく、かなり好みが分かれる映画だと思いますね。私は嫌いじゃないんですが、少しオススメしようか迷いました。かちっと合う人がいるかもなんで紹介してみようと思います。

エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD]  エターナル・サンシャイン オリジナル・サウンドトラック

「エターナル・サンシャイン」あらすじ
舞台はほとんど現実と同じ世界といえます。「記憶除去手術」がある以外は。

もうすぐバレンタインの季節。平凡な男ジョエルは、恋人と喧嘩をしてしまう。
仲直りのために彼女の働く本屋に行くが、クレメンタイン(恋人)は彼を知らないかのように扱い、ほかの男といちゃつく始末。彼はクレムが記憶を消す手術を受けたことを知ります。
悩んだ末に、彼も手術を受けることを決心する。手術を受けながら、ジョエルはクレムとの思い出を思い出しながら・・・。

おすすめポイント

・最後でピースがかちっと合う展開
・映画文法とでもいうべきの時系列
・ある意味、超展開ともいえる恋愛物語
・映画館で観た人は理解できたのか?という難解さ
・ジム・キャリーの新たな一面



2~3個当てはまれば、気に入ってくれる作品だと思います。
(これを見て借りたのに、気に入らなかったという方はすいません。)

そうきたか!っていう独創的な作品です。
「記憶喪失系」映画は他にも素晴らしいものがたくさんあるんですが、ある特定の記憶だけ忘れる映画は少ないと思います。演出センスが素晴らしい!

上に書いたように、好みが分かれる映画だと思いますね。
「何回も映画は見直して楽しみたい!」という人以外は、ある程度の予備知識を持ってからのほうが、楽しめると思います。
(その理由はネタばれ含みますので反転します)
記憶消去手術の過程の中で、同時平行的に新しいクレメンタインとジョエルとの恋愛ストーリーが展開していく。それがチャーリー・カウフマンさんが書いた脚本です。2人の(旧)失恋物語と(新)恋愛物語が入り混じって展開していくから、この映画は一生懸命に観ていても、けっこう混乱します。何が何だかわからなくなってしまうかも・・・。(私はDVDでしたので、2回は観ました)だから、この映画に限っては、ある程度の予備知識をもって観た方がいいかもしれませんよ。だいたいの感想が賛否両論でしたので。

他にもおすすめポイントにあるように、ジム・キャリーの真面目なシーンが見られます(笑 彼はけっこう下品系のコメディアンなんですが、今回の冴えない、退屈な男の演技が楽しめます!

それに、脇役もありえないくらい豪華ですよ。少し例として挙げると、「スパイダーマン」のメリー・ジェーン「ロード・オブ・ザ・リング」のフロドなど主役級の方ばかり!

本筋以外も物語は動いています。この恋愛物語はけっこう分かりやすいのですが、演じているキルスティン・ダンストがかわいい(笑 

けっこう、くどいと感じる恋愛ものだと思いますので、苦手な方にはオススメできないかも・・・。「運命」とか好きな方は気に入ってくれると思いますね。

「記憶」という、あいまいで美しいものを描いた映画です。観た人の感性に合えば、名作にもなり得る作品だと思ってます。興味がある方は、ぜひどうぞ!

どんなことでもいいので、感想、コメントなどいただけると嬉しいです。

以降私の感想です。ネタばれ反転
記憶を失っても、また同じ人に恋をする。 状況、立場など細かい偶然の積み重ねで、人を好きになるのではなく「恋をするのは必然」だった。 難解なシーンもありましたが、最終的にこれが伝えたい事だったのかなと思いました。

恥ずかしいんですが、私は「運命」とか大好きで、信じていたいんですけど、良く考えると2人の記憶が白紙状態でまた出会って、互いに惹かれ、事実を知り、それを乗り越えてハッピーエンド・・・。

「正直2人はまた、別れるんじゃないかなあ」とも思ってます。私の考えですが、この後の恋愛はお互いに「遠慮」みたいな感情が残ると思うんですよ。「誰とでも寝る女」「退屈な男」致命的な評価を互いにつけてしまっている時点で長続きはしないかなあと・・・。夢のない意見ですけど。

それにやっぱり、赤や青の髪は「二次元キャラ」に限るということも分かりましたね(笑  でも、私的にケイト・ウィンスレットの赤毛はアリでしたけど。

「恋愛は限りなく、美しいもの」
「人は愚かで、何度も同じことを繰り返す」

と両方の意味がとれる作品だったと思いました。
まあ、私が天邪鬼なだけかもしれませんが(笑
2010.07
06

Category : おすすめ映画
おすすめ映画の第一弾、「ガタカ(GATTACA)」
過去に借りたことがあるんですが、最近また見たくなってレンタルしました。
やっぱり素晴らしい!世間ではあまり有名な作品ではないかもしれませんが、SFヒューマン映画として私の中では本当に傑作だと思ってます。

おすすめマンガ紹介は、時間がかかる。筆休め?タイプ休め?のため始めたんですが、想像以上に乗ってきて長文化。なんという本末転倒(笑

ガタカ [DVD]  ガタカ [Blu-ray]


映画を観る前に、wikiを見ない方がいいと思います。ストーリーの後半のネタばれがあるので(まあ、少しなんですが)

「ガタカ」 あらすじ
舞台は遺伝子工学が発展した近未来(遺伝子の優劣のみで才能を判断)

遺伝子操作をされることなく生まれてきたヴィンセントは、約30年の寿命と診断され、生まれた時から将来の見込みがない子供として育つ。
その後、遺伝子操作を受けた優秀な弟アントンが生まれ、遺伝子が優れた弟には何をしてもかなわず、希望の無い生活になってしまった。

ヴィンセントは宇宙飛行士を夢見るようになるが、その夢は遺伝子のため叶わないものだった。しかし、成長してもヴィンセントは夢を追い続けた。
職を転々としながらも、宇宙飛行士施設「ガタカ」の清掃業に就くことに。

ある日、DNAブローカーの手配により、事故のため身障者となった元エリートのジェロームに偽装し、「ガタカ」のエリート社員として潜り込む。

もう少しで叶いそうな夢、そんなある日、ヴィンセントの正体を疑っていた上司が殺害され・・・。

おすすめポイント

・美しい友情物語
・サスペンス調な展開
・夢を追い続けている方
・ジュード・ロウ好きな方
・映画の魅力の一つは余韻にあると考える



2つ以上あれば、間違いなく「ガタカ」を気に入ってくれるはず・・・。
(これを見て借りたのに、気に入らなかったという方はすいません。)

イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウと豪華なキャスト、本当に演技が素晴らしい。特にジェローム役のジュードの演技は最高!映像と音楽も印象的でストーリーによくマッチしています。なんでこんな良い映画が埋もれているんでしょう?

・自分の夢を実現するため他人に成りすまして生きるヴィンセント
・自分の遺伝子を提供することで自己実現をしようとするジェローム

ただの契約関係でしかなかった2人に生まれる、切なくも美しく感じる友情。

自らの夢を追いかけること、それは「自己を実現すること」なんでしょうね。自己の実現のために、結果が身を滅ぼすとしても、恐れることなく進める意志の強さが魅力的。同時に切なくも悲しくなる映画です。

映画の冒頭のことば
「神が曲げたものを誰が直し得よう?」
「自然は人間の挑戦を望んでいる」
 全てが集約されていると感じました。

ラストのあのシーンからエンディングまでは、間違いなく映画史上に残る名場面。少しでも興味のある方は、自分の目で確かめてほしいです。

どんなことでもいいので、感想、コメントなどいただけると嬉しいです。

以降私の感想です。ネタばれ反転
ヴィンセント、アントン兄弟があんな形で再会するとは、予想がつきませんでした。正直やられました(笑

ラストの医者とヴィンセントのやり取りも最高でした。
それにこの後の宇宙に旅立つヴィンセントとジェロームとの別れのシーン
自殺未遂で夢と体を失ったジェロームが「体を貸す代わりに、夢をもらった」と言って、ロケットに乗り込むヴィンセントと焼却炉で焼かれるジェロームのシンクロするシーンで涙が止まりませんでしたよ。

ジェロームの金メダルをとれなかったこと、彼の中で自殺未遂の原因となった「劣っていること」の象徴である「銀メダル」を首にかけて逝くことで優秀、劣性遺伝子のしがらみを捨てられたんでしょうね。

「地球には居場所がないと思っていた・・・命は宇宙の塵の中から生まれたという、私は故郷へ帰るのかもしれない」 このナレーションは反則・・・。

人の「可能性」という素晴らしさを、改めて認識させてくれる作品でした。

2010.07
01

Category : おすすめ映画
7月の金曜ロードショーはジブリ祭り!4週連続でジブリ作品がOAされます。

紅の豚 [DVD] 耳をすませば [DVD] ハウルの動く城 [DVD] となりのトトロ [DVD]

7月 2日 21:00-22:54 「紅の豚
7月 9日 21:00-23:19 「耳をすませば
7月16日 21:00-23:24 「ハウルの動く城
7月23日 21:00-22:54 「となりのトトロ」  全てHD、字幕放送となります


私がこのラインナップから選ぶなら「耳をすませば」が一番ですかね。
もちろん「紅の豚」「となりのトトロ」も大好きなんですが。
ハウルが入ってないのは察してください(笑

「耳をすませば」は私的にいろいろ補正が入って、小さいころから大好きなんです!しかし、当時は楽しく見れてたんですが・・・


「耳をすませば、火垂るの墓、秒速五センチメートル」
私の中の三大鬱アニメ映画。全て名作ですが、年に一回と決めています。

成長すると、雫と聖司の青春物語は爽やか過ぎてすごく体力を持って行かれるというか、あの頃に戻りたいと軽くウツになったりも・・・。
でも、年に一回は見てしまう「もしかしたら自分はドMなんじゃ・・・?」というよく分からない状況に毎年陥りますw


いろいろ書きましたが、明日は「紅の豚」で大丈夫(笑  楽しみです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。