RSS
Admin
Archives

~ふらふら低空飛行~

主に漫画感想、オススメ紹介などなど。でも最近は備忘録になりつつもあり小説、アニメなど何でも有りブログ



今月期待の新刊!
GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
「GUNSLINGER GIRL」13巻

公社、五共和国派との最後の戦い。
彼らの復讐の結果、彼女たちの未来はどうなっていくのか…。

2月の管理人の購入予定
3月の管理人の購入予定
4月の管理人の購入予定

プロフィール

tombo

管理人:tombo


なにより漫画が大好き!
特に青春、SF系、歳の差恋愛好き。
過去記事でも気軽にTB、コメントなど頂けるとスゴク喜びます。

なにか、面白い漫画やオススメがありましたら、左下のメールフォームやコメントよりお教えください~。

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
ブログカレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Amazon検索
当ブログオススメ作品   
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
「となりの怪物くん」

ろびこ先生の本格初連載作品。変わった二人の不器用な恋物語!周りにも濃いキャラ盛り沢山で一押しです。男性にも超オススメ!


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)
「たいようのいえ」

大好きなタアモ先生の初長期連載。幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー(?)年の差恋愛好きの方にもオススメですよ!



少女ファイト(1) (イブニングKCDX)
「少女ファイト」

熱さに定評のある日本橋ヨヲコ先生の青春バレー漫画!圧倒的な熱量に芯のあるキャラ。未読の方は是非



おおきく振りかぶって (1)
「おおきく振りかぶって」
個人的には最近の野球マンガの中ではダントツ!先入観を捨てて読んでほしい。(紹介記事)

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
「ベイビーステップ」
本格派テニスマンガ!努力で論理テニスを追及していく。本当に実際にプレイしたくなるマンガです。テニス経験者も楽しめますよ!(紹介記事)

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)
「金魚屋古書店」

漫画好きによる漫画好きのためのマンガ。古典的名作漫画に出会えるかも。しかし漫画好きの中にも上には上がいるものです。正直心が震えました!



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている」

祝アニメ化!独特なノリとセンス。ハマる人はどっぷり引き込まれてしまう。気付けば読み返してしまう不思議マンガ。(紹介記事)


高杉さん家のおべんとう 1
「高杉さん家のおべんとう」
お弁当が繋ぐ心の絆!男性、女性を問わずオススメできる温かい作品です。(紹介記事)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)
「友達100人できるかな」
とよ田先生、期待の新作!対象年齢大人以上?今度はSFで直球物語だ!(紹介記事)

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
「第七女子会彷徨」
変なキャラたちテンコ盛り!ゆる~い作中になんだか深いものを隠し持ち、どこか不思議でシュールブラックな雰囲気を漂わせるマンガ。(紹介記事)

みつどもえ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「みつどもえ」
まさかのアニメ化です!ギリギリの一歩先に行っているマンガといえるかも…!私は矢部ひと派ですw (紹介記事)
カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
2010.10
04

Category : 日記的なもの
映画化 「君に届け」映画 公式サイト(別窓)


映画版「君に届け」観てきました!
もちろん映画の出来は「君に届け」ファンとして、気になっていましたし、
それに以前ブログで批判的な意見を書いてしまったので、
観る前から批判するのは、さすがに良くなかったかもしれないな…
そう思っていたので、罪滅ぼし?気分で行ってきました(笑


率直に言うと“想像していたよりは悪くはなかった”という感想。
まあ、マンガ版>アニメ版>映画版ではあるんですけど…。
まず意外にも主演の三浦春馬くんが予想より適役だったかなという印象。
さすがに風早レベルの爽やかさを求めるのは酷というか、無理なんですけど、
違う方向の好青年を演じていたんじゃないかと思いました。
爽子役の多部未華子さんにも、それほど違和感なく観ることができました。
(なんか、スゴク偉そうに書いているんですけどw)

一番良かったところは、なんといっても “ちづと龍”!
映画では恋愛が前面に押し出されるんだろうなーと思っていたんですけど、
意外に友情に関しても、しっかりと描かれていたのは個人的にスゴク好印象!
中でもアクティブ担当のちづが大活躍!
原作のあのトイレのシーンで少しウルッときてしまいましたよ…。
恋愛面でもメインの爽子と風早より、短い時間で描かれたちづの恋
ちづを見つめる龍も素敵でした。こっちの方が個人的に良かったぐらい(笑

不満点はくるみの扱い…。
私が原作で一二を争うぐらい大好きなキャラというのもありますけど、
誰からも風早とお似合いという雰囲気、一途に恋する描写、そしてルックス…
など色々と描写不足な気がしてなりません。詰め込みの弊害がここにきてますね。
原作のようなフォロー?がなくて、意地悪くイヤな奴という印象が残るような気が。
これは、くるみじゃありません!! これはくるみじゃない…。


ストーリーは、原作通りに進みながらラストはオリジナルという流れ

短い時間で単行本10巻分をまとめるのは、さすがに無理でしょうね。
仕方ないといえば、仕方なかったのかも…。
でも、あまり進展しないラストというのは、やっぱり味気ないかなー。


長々と書いてしまいましたけど、個人的には60~70点くらいの映画。
マンガ→映画の中では、良作の内に入ると思います。俳優さんは悪くない。
フルプライスで観るのは割高感、レイトショーとかで観るのがオススメかも。






中古でもいいので、そのお金+αで原作を読んでほしい…。
マンガ版は凄くオススメ!(できれば、新品で買ってほしいけど)




君に届け 12 (マーガレットコミックス)
椎名 軽穂
集英社 (2010-09-24)


関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。