RSS
Admin
Archives

~ふらふら低空飛行~

主に漫画感想、オススメ紹介などなど。でも最近は備忘録になりつつもあり小説、アニメなど何でも有りブログ



今月期待の新刊!
GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
「GUNSLINGER GIRL」13巻

公社、五共和国派との最後の戦い。
彼らの復讐の結果、彼女たちの未来はどうなっていくのか…。

2月の管理人の購入予定
3月の管理人の購入予定
4月の管理人の購入予定

プロフィール

tombo

管理人:tombo


なにより漫画が大好き!
特に青春、SF系、歳の差恋愛好き。
過去記事でも気軽にTB、コメントなど頂けるとスゴク喜びます。

なにか、面白い漫画やオススメがありましたら、左下のメールフォームやコメントよりお教えください~。

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
ブログカレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Amazon検索
当ブログオススメ作品   
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
「となりの怪物くん」

ろびこ先生の本格初連載作品。変わった二人の不器用な恋物語!周りにも濃いキャラ盛り沢山で一押しです。男性にも超オススメ!


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)
「たいようのいえ」

大好きなタアモ先生の初長期連載。幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー(?)年の差恋愛好きの方にもオススメですよ!



少女ファイト(1) (イブニングKCDX)
「少女ファイト」

熱さに定評のある日本橋ヨヲコ先生の青春バレー漫画!圧倒的な熱量に芯のあるキャラ。未読の方は是非



おおきく振りかぶって (1)
「おおきく振りかぶって」
個人的には最近の野球マンガの中ではダントツ!先入観を捨てて読んでほしい。(紹介記事)

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
「ベイビーステップ」
本格派テニスマンガ!努力で論理テニスを追及していく。本当に実際にプレイしたくなるマンガです。テニス経験者も楽しめますよ!(紹介記事)

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)
「金魚屋古書店」

漫画好きによる漫画好きのためのマンガ。古典的名作漫画に出会えるかも。しかし漫画好きの中にも上には上がいるものです。正直心が震えました!



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている」

祝アニメ化!独特なノリとセンス。ハマる人はどっぷり引き込まれてしまう。気付けば読み返してしまう不思議マンガ。(紹介記事)


高杉さん家のおべんとう 1
「高杉さん家のおべんとう」
お弁当が繋ぐ心の絆!男性、女性を問わずオススメできる温かい作品です。(紹介記事)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)
「友達100人できるかな」
とよ田先生、期待の新作!対象年齢大人以上?今度はSFで直球物語だ!(紹介記事)

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
「第七女子会彷徨」
変なキャラたちテンコ盛り!ゆる~い作中になんだか深いものを隠し持ち、どこか不思議でシュールブラックな雰囲気を漂わせるマンガ。(紹介記事)

みつどもえ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「みつどもえ」
まさかのアニメ化です!ギリギリの一歩先に行っているマンガといえるかも…!私は矢部ひと派ですw (紹介記事)
カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
2010.12
03

Category : マンガ感想
マイガール 5 (BUNCH COMICS)
佐原 ミズ
新潮社 (2010-11-09)


「マイガール」全5巻で完結しました。
いやぁ、本当に泣きっぱなしでした。
この祭りの後みたいな「ああ終わってしまった…」感が少し寂しい。
それに、肉体的か心理的なものか分かりませんが、年を重ねるごとに涙もろくなっていく自分がいて困ります。親子ものとか青春ものが特にこみ上げてきたりします。
私が幼い時、ドラマを見て泣いていた母親を笑ったことに謝らないとな(笑






キラめく僕の宝物(マイガール)いつまでも。
もう5巻の帯の言葉からして最高すぎた!!
最終話のタイトルも「僕の宝物(マイガール)」とか泣きますわ。

「コハルは―…正宗君を守ってくれるお母さんが欲しい」
まだ小さいのに自分のことより正宗を優先するコハルの健気さ。
この大人顔負けの精神成長は、コハルの境遇所以の悲しさでもあるんですけど、
私がいると正宗と片桐さんが上手くいかない→家出の流れは健気過ぎて涙腺が…
警察官の亡くなった奥さんの話とか号泣もの。

このシーンの警官さんが卑怯な位、良い人なんだよなぁ。


コハル
ずっと「正宗君」と呼んでいた所から「お父さん」
これは半端じゃない破壊力!照れているところが、また良い!
正宗、片桐さんは言うまでもなく、正宗両親、警官さんたちを除けば、作中で一番大人だったりするのはコハルじゃないんだろうか?まじ天使!



マサムネ

その点、正宗…。
片桐さんに陽子さんを重ねてポジティブに受け取るコハルに比べ、ヘタレる正宗。
(掲載誌の廃刊という事情があって急いだため、ヘタレさせたのかもしれませんが)

それを助けたのはやっぱりコハルの一言。
このシーンの正宗の心の声は良いなぁ。
そして、また陽子さんの姿を重ねつつも前を向き手を取り歩いていく。
結論:マイガール最高ということで


最期のThe Final Day「お父さんのくつ下」の両親目線も素敵でした。
人の親になる、私にはまだまだ分からない気持ちなのですが、
私の両親もこんな気持だったのかな。そう思うと、また涙腺が…。
親孝行しないとなぁ。

家族の大切を改めて感じた良作。
万人向け。でも特に大人になっていく学生くらいの方に読んで頂きたい作品でした。





一つだけ。
成長していくコハルちゃん、秋君の物語も見てみたかったかなぁ。
出版社のゴタゴタ、掲載誌が休刊という悲劇。
たぶん、出版社騒動がなければあと2、3巻位出たかもしれない…。
内容が良かっただけに、そのあたりが本当に残念でなりませんね…。




マイガール 1 (BUNCH COMICS)
佐原 ミズ
新潮社


マイガール 2 (BUNCH COMICS)
佐原 ミズ
新潮社


マイガール 3 (BUNCH COMICS)
佐原 ミズ
新潮社


マイガール 4 (BUNCH COMICS)
佐原 ミズ
新潮社 (2009-10-23)





関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。