RSS
Admin
Archives

~ふらふら低空飛行~

主に漫画感想、オススメ紹介などなど。でも最近は備忘録になりつつもあり小説、アニメなど何でも有りブログ



今月期待の新刊!
GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
「GUNSLINGER GIRL」13巻

公社、五共和国派との最後の戦い。
彼らの復讐の結果、彼女たちの未来はどうなっていくのか…。

2月の管理人の購入予定
3月の管理人の購入予定
4月の管理人の購入予定

プロフィール

tombo

管理人:tombo


なにより漫画が大好き!
特に青春、SF系、歳の差恋愛好き。
過去記事でも気軽にTB、コメントなど頂けるとスゴク喜びます。

なにか、面白い漫画やオススメがありましたら、左下のメールフォームやコメントよりお教えください~。

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
ブログカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Amazon検索
当ブログオススメ作品   
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
「となりの怪物くん」

ろびこ先生の本格初連載作品。変わった二人の不器用な恋物語!周りにも濃いキャラ盛り沢山で一押しです。男性にも超オススメ!


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)
「たいようのいえ」

大好きなタアモ先生の初長期連載。幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー(?)年の差恋愛好きの方にもオススメですよ!



少女ファイト(1) (イブニングKCDX)
「少女ファイト」

熱さに定評のある日本橋ヨヲコ先生の青春バレー漫画!圧倒的な熱量に芯のあるキャラ。未読の方は是非



おおきく振りかぶって (1)
「おおきく振りかぶって」
個人的には最近の野球マンガの中ではダントツ!先入観を捨てて読んでほしい。(紹介記事)

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
「ベイビーステップ」
本格派テニスマンガ!努力で論理テニスを追及していく。本当に実際にプレイしたくなるマンガです。テニス経験者も楽しめますよ!(紹介記事)

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)
「金魚屋古書店」

漫画好きによる漫画好きのためのマンガ。古典的名作漫画に出会えるかも。しかし漫画好きの中にも上には上がいるものです。正直心が震えました!



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている」

祝アニメ化!独特なノリとセンス。ハマる人はどっぷり引き込まれてしまう。気付けば読み返してしまう不思議マンガ。(紹介記事)


高杉さん家のおべんとう 1
「高杉さん家のおべんとう」
お弁当が繋ぐ心の絆!男性、女性を問わずオススメできる温かい作品です。(紹介記事)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)
「友達100人できるかな」
とよ田先生、期待の新作!対象年齢大人以上?今度はSFで直球物語だ!(紹介記事)

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
「第七女子会彷徨」
変なキャラたちテンコ盛り!ゆる~い作中になんだか深いものを隠し持ち、どこか不思議でシュールブラックな雰囲気を漂わせるマンガ。(紹介記事)

みつどもえ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「みつどもえ」
まさかのアニメ化です!ギリギリの一歩先に行っているマンガといえるかも…!私は矢部ひと派ですw (紹介記事)
カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
2011.02
18

1月発売のオススメコミック10作品+α!
ブログを長期放置、感想も書いてなかったので、ちょっと多めの10作品をご紹介。
巻数が進み過ぎたものは避けて、新しいもの多めでオススメしています。
順位はあくまでも目安ということで。どれも個人的には素晴らしい作品だと思いますよ!




1位 「ベイビーステップ(15)」


見てくださいよ!輝くなっちゃんのオーラを!
この表紙だけでもう半端ないな~。思わず本屋でもニヤニヤしてしまったw
もともと超人や必殺技なども出ない本格的なテニス描写で名作には間違いない。
さらに恋愛成分もプラスされ、あの海の夜を収録した15巻はまさに至高の一言!

なっちゃん

本当に最近の中でもナンバーワンのニヤニヤシーン。
タイトルも「永遠に続く時間」とか!素晴らしすぎるだろう!
マガジン本誌でも連載中のエーちゃんVS井出戦、
今後起こるであろう、なっちゃんと清水さんの直接対決(恋愛的な意味も含むかも)
これからも「ベイビーステップ」の展開は目が離せませんね!







2位 「女王の花(3)」

女王の花 3 (フラワーコミックス)
和泉 かねよし
小学館 (2011-01-26)

「ブレイク必至!!」そして…2011年、この作品に涙せよ…!
と帯に有りますが、個人的な意見を言ってしまえば、気付くのが遅ええーー!
まあ、確かに1巻から2巻が発売されるまで2年間も空いてしまえば仕様がないかもですね…。
それでも、やっと注目され始めたことは嬉しい限り!

和泉先生の過去作「二の姫の物語」を色濃く受け継いだ今作。
1、2巻通して亜姫と薄星でニヤニヤ、2巻では良い戦闘描写(2巻の表紙が格好良すぎ!)
ただ1巻冒頭を見てもわかるのですが、結末が暗そうなのが心配ですね~。
今の所、二の姫と同じ感じなんですが、これからどうなっていくのか?本当に期待度大!

女王の花

ただ、年の差恋愛すきーな私としてはこの二人組の方にニヤニヤしてしまう!
亜姫母が15で亜王に嫁ぎ、1年後に亜姫誕生。青徹(青蓋)は亜姫母より3歳下。
亜姫は今16歳ということで、逆算して青徹は28歳。年の差12歳か…。充分アリですね(笑
3巻は母と青徹の過去話だったので薄星の出番なし。少し扱い酷いなw
まあ、設定的にもあり得ないんでしょうが亜姫青徹派を応援中。
どこまで話が広がっていくのか楽しみな物語です!







3位 「高杉さん家のおべんとう(3)」


「高杉さん家のお弁当」3巻も素敵でしたね。
少し重い問題も出てきた今巻。重要なテーマはやっぱり血縁と家族ですかね。
丸宮兄へのアドバイスがそのまま自分に返ってきて混乱する温巳。
それに比べて久留里の方が大人な感じなんですよね~。
血縁関係が無くても二人はもう家族だった。お弁当の意味も深くなった気がします。

くるり

それにしても、久留里の赤面顔はやっぱり最高だな!
これからはどんな展開が待っているんでしょうね。主に恋愛的な意味で。
丸山兄弟に小坂さん、温巳、そして何と言っても久留里ですね。
恋愛と親愛どっちに転ぶのかな~。この間で揺れ動く久留里も見てみたいものです!







4位 「鉄道少女漫画」

鉄道少女漫画
鉄道少女漫画
posted with amazlet at 11.02.18
中村 明日美子
白泉社

最近の「ウツボラ」のイメージが強い中村先生の電車がモチーフの読切りです。
鉄道と少女という、ミスマッチさが逆に絶妙な作品に仕上がってます。
ストーリーも日常、非日常が入り混じっていて、なんだかカオスな感じ。
個人的なお気に入りは「立体交差点の駅」。
恋愛未満の純情さが堪りません!百合的要素アリ。
最後に収録作品のラインが、全て繋がっていく構成!
心地いい読後感を得られます。男女どちらにもオススメできる良作です。

あと、結構前になるんですけど電車マンガと言えば、これを思い浮かべてしまいました。
環状白馬線車掌の英さん
「ARIA」っぽい雰囲気の読み切りです。ハートフルな感じが大好きな作品!







5位 「港町猫町(2)」

港町猫町 2 (フラワーコミックスアルファ)
奈々巻 かなこ
小学館 (2011-01-07)

猫好きの大人必見!切なく温かい物語です。
1巻のみだと思っていたので続刊は本当にビックリ。3巻もあるといいなぁ。
本当に何でもない素朴な感じの童話のようなストーリーになっています。
気まぐれで温かく、そして優しい猫たち…。涙なしでは読めないんですよね。
この魅力は読んでこそ伝わる物としか言えません。とにかくオススメです!
家の猫は何を思っているのかなぁ。







6位 「センゴク外伝 桶狭間戦記(5)


「センゴク」「ヤマト猛る!」など濃く熱い作品を生み出し続ける宮下先生の作品。
本編である「センゴク」の外伝作で今川義元と織田信長が主人公視点の戦国物語。
もう本当に傑作ですよ!

今川義元と言えば、私は日本史マンガの公家顔の愚将なイメージだったんですけど、
独自の着眼点や視点で描かれるこの義元は名将で最高に格好良すぎなんですよ!
最後の信長の土下座シーンも心にきます。間違いなく最高峰のマンガでした。







7位 「ちくたくぼんぼん(2)」


時間はかなり空いてしまいましたけど、無事に2巻が発売されました。
時計をモチーフとしたストーリーは圧巻の一言に尽きます。
上手く説明できないのが、もどかしいのですが視点変化や描写が素晴らしいんです。
ほとんどの描写が「時計」に繋がっていく表現の美しさ!
ああ、本当に3巻が待ち遠しい…!







8位 「こみっく☆すたじお(1)」


月刊ヤングマガジンで連載中。漫画家が題材の漫画家マンガです。
明らかに萌え系マンガなのに、自分を否定するかのようなシニカルさが面白い!
ギャグも面白いし、ラブコメっぷりもニヤニヤものですし、ちゃんと成長マンガもしています。
いちこ先生の可愛さも言うことなし!
これからも楽しみです。







9位 「はじめてのあく(8)」


なんだか不調な感じのサンデーの中でも、抜群の安定感「はじあく」8巻です。
今回の見どころは悪の秘密結社のエロコスチュームかな…。
特に表紙にもある、キョーコの幹部コスはよく着れたな~という罰ゲームレベルw
まあ、最大の注目点は最後の「…バーカ。」の赤面顔に尽きるわけですけどね!
そろそろアニメ化しても良さそうな気がします。
新たなサンデーの看板になれるか?







10位 「じょしらく(2)」


落語楽屋コメディの「じょしらく」2巻。
登場人物の性格が分かってきた事+可愛いさが向上して良い感じ。

独特の掛け合い、ネタの展開が秀逸!あと、マリーさん可愛いw
濃いネタもある割にすごく読み易く、特装版にはCD付き(むしろこちらが主力?)
通常版もありますじょしらく(2) (通常版)
ただ、純粋に笑いだけを求める方には当たり外れが大きいかな?
1巻が気に入れば問題なく買いですね。







番外編 「夏の前日(1)」


1月どころか昨年の2月発売のものなんですけど、
本屋を歩いていると棚から落ちてくるという運命的出会い(笑)を果たしたので番外編へ。

繊細で艶のある絵のタッチ、独特の雰囲気が魅力的な作品です。
「恋風」「水の色」などなど。
もともと吉田先生ファンなので、今の今までで気付かなかったことが悔やまれますね…。
と言っても、この作品は「水の色銀の月」の前日譚なので結末は分かってしまうんですけどね。
結末を知りたくない方は前作を読まない方が楽しめるかも。




関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。