RSS
Admin
Archives

~ふらふら低空飛行~

主に漫画感想、オススメ紹介などなど。でも最近は備忘録になりつつもあり小説、アニメなど何でも有りブログ



今月期待の新刊!
GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
「GUNSLINGER GIRL」13巻

公社、五共和国派との最後の戦い。
彼らの復讐の結果、彼女たちの未来はどうなっていくのか…。

2月の管理人の購入予定
3月の管理人の購入予定
4月の管理人の購入予定

プロフィール

tombo

管理人:tombo


なにより漫画が大好き!
特に青春、SF系、歳の差恋愛好き。
過去記事でも気軽にTB、コメントなど頂けるとスゴク喜びます。

なにか、面白い漫画やオススメがありましたら、左下のメールフォームやコメントよりお教えください~。

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
ブログカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Amazon検索
当ブログオススメ作品   
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
「となりの怪物くん」

ろびこ先生の本格初連載作品。変わった二人の不器用な恋物語!周りにも濃いキャラ盛り沢山で一押しです。男性にも超オススメ!


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)
「たいようのいえ」

大好きなタアモ先生の初長期連載。幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー(?)年の差恋愛好きの方にもオススメですよ!



少女ファイト(1) (イブニングKCDX)
「少女ファイト」

熱さに定評のある日本橋ヨヲコ先生の青春バレー漫画!圧倒的な熱量に芯のあるキャラ。未読の方は是非



おおきく振りかぶって (1)
「おおきく振りかぶって」
個人的には最近の野球マンガの中ではダントツ!先入観を捨てて読んでほしい。(紹介記事)

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
「ベイビーステップ」
本格派テニスマンガ!努力で論理テニスを追及していく。本当に実際にプレイしたくなるマンガです。テニス経験者も楽しめますよ!(紹介記事)

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)
「金魚屋古書店」

漫画好きによる漫画好きのためのマンガ。古典的名作漫画に出会えるかも。しかし漫画好きの中にも上には上がいるものです。正直心が震えました!



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている」

祝アニメ化!独特なノリとセンス。ハマる人はどっぷり引き込まれてしまう。気付けば読み返してしまう不思議マンガ。(紹介記事)


高杉さん家のおべんとう 1
「高杉さん家のおべんとう」
お弁当が繋ぐ心の絆!男性、女性を問わずオススメできる温かい作品です。(紹介記事)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)
「友達100人できるかな」
とよ田先生、期待の新作!対象年齢大人以上?今度はSFで直球物語だ!(紹介記事)

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
「第七女子会彷徨」
変なキャラたちテンコ盛り!ゆる~い作中になんだか深いものを隠し持ち、どこか不思議でシュールブラックな雰囲気を漂わせるマンガ。(紹介記事)

みつどもえ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「みつどもえ」
まさかのアニメ化です!ギリギリの一歩先に行っているマンガといえるかも…!私は矢部ひと派ですw (紹介記事)
カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
2011.03
05

Category : マンガ感想

花粉症、まどか☆マギカで体調テンション共にボロボロのtomboです。
癒しを求めて見たけどやっぱり良いなぁ。癒される!
「夏目友人帳」11巻の感想です。

「夏目友人帳」3期&「蛍火の杜へ」アニメ映画化決定:コミックナタリー
でも、まずはこの情報に喜びましょう!!
3期決定!しかも放送は2011年。さらに「蛍火の社へ」映画化!これは観に行かねば!




本編の感想ですが、
11巻では、自分の過去と向き合うことで少し成長できたように感じました。
夏目が幼い頃、過ごした実家が売りに出されることなり、管理している親戚の元へ。
そこにも、夏目の居場所は無かったわけですが、まだ良い人達だったのが救いかな…。

その優しい人達とも妖のせいで仲違いしてしまうんだよなぁ。
夏目も三世子も両親も悪くないのに抉れていく関係を見るのは痛いですね。
ただ、鍵を渡す時の三世子の照れたような、バツが悪いかのような表情。
「夏目の行動にも理由があったんじゃ?」くらいに思ってくれていると良いなぁ…。

夏目2
もう最後のシーンなんて思わず温かい気持ちになりました。
自分も写りたかった両親との写真。
そして、11巻で手にした「両親との写真」という宝物みたいな一枚。
「…あの…もう一枚いいですか?」
しかも、あの夏目からそう言った時は、もう塔子さん位ニヤニヤしてしまいました(笑

いや~夏目の成長を感じる良エピソード。
友達の助けを借りたとはいえ、色々と人に頼れるようになったのは大きい。
11巻という巻数を重ね、夏目がジワジワ成長してきたことを考えると胸が熱くなりますね!



あと、前半はタキ家の妖エピソード。
タキの祖父と妖との思い出は泣ける…。
相変わらず妖とのエピソードは涙腺が弱い私にはキツイ。
「さらば 慎一郎の孫 元気で」「おじいちゃんに会いに来てくれて…ありがとう」
最後のシーンをアニメで再現されると確実に涙腺崩壊もの。

「夏目友人帳」 10巻 感想
10巻感想でも書いたんですけど、いつか来る先生との別れのシーンを思うと泣きそうだ…。
「夏目を取り巻く環境も、良い意味でも不穏な意味変わってきております…」
緑川先生もこう書いているように的場一門関係は今後もシリアス路線で大活躍しそう。


夏目
最後に夏目、田沼、タキの関係っていいよね
普通の人には奇怪に思える夏目にもちゃんと理解してくれる友達ができた。
西本、北村も含めてずっと仲良しでいてほしいものです。
       
それでも、夏目と田沼がタキを巡って争ったり、タキが2人の間で揺れ動くのが見たい!
そう思う私はやっぱりダメなヤツだw

12巻は夏頃発売予定。
ニャンコ先生大活躍みたいなので、楽しみ!






関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。