RSS
Admin
Archives

~ふらふら低空飛行~

主に漫画感想、オススメ紹介などなど。でも最近は備忘録になりつつもあり小説、アニメなど何でも有りブログ



今月期待の新刊!
GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
「GUNSLINGER GIRL」13巻

公社、五共和国派との最後の戦い。
彼らの復讐の結果、彼女たちの未来はどうなっていくのか…。

2月の管理人の購入予定
3月の管理人の購入予定
4月の管理人の購入予定

プロフィール

tombo

管理人:tombo


なにより漫画が大好き!
特に青春、SF系、歳の差恋愛好き。
過去記事でも気軽にTB、コメントなど頂けるとスゴク喜びます。

なにか、面白い漫画やオススメがありましたら、左下のメールフォームやコメントよりお教えください~。

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
ブログカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Amazon検索
当ブログオススメ作品   
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
「となりの怪物くん」

ろびこ先生の本格初連載作品。変わった二人の不器用な恋物語!周りにも濃いキャラ盛り沢山で一押しです。男性にも超オススメ!


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)
「たいようのいえ」

大好きなタアモ先生の初長期連載。幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー(?)年の差恋愛好きの方にもオススメですよ!



少女ファイト(1) (イブニングKCDX)
「少女ファイト」

熱さに定評のある日本橋ヨヲコ先生の青春バレー漫画!圧倒的な熱量に芯のあるキャラ。未読の方は是非



おおきく振りかぶって (1)
「おおきく振りかぶって」
個人的には最近の野球マンガの中ではダントツ!先入観を捨てて読んでほしい。(紹介記事)

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
「ベイビーステップ」
本格派テニスマンガ!努力で論理テニスを追及していく。本当に実際にプレイしたくなるマンガです。テニス経験者も楽しめますよ!(紹介記事)

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)
「金魚屋古書店」

漫画好きによる漫画好きのためのマンガ。古典的名作漫画に出会えるかも。しかし漫画好きの中にも上には上がいるものです。正直心が震えました!



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている」

祝アニメ化!独特なノリとセンス。ハマる人はどっぷり引き込まれてしまう。気付けば読み返してしまう不思議マンガ。(紹介記事)


高杉さん家のおべんとう 1
「高杉さん家のおべんとう」
お弁当が繋ぐ心の絆!男性、女性を問わずオススメできる温かい作品です。(紹介記事)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)
「友達100人できるかな」
とよ田先生、期待の新作!対象年齢大人以上?今度はSFで直球物語だ!(紹介記事)

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
「第七女子会彷徨」
変なキャラたちテンコ盛り!ゆる~い作中になんだか深いものを隠し持ち、どこか不思議でシュールブラックな雰囲気を漂わせるマンガ。(紹介記事)

みつどもえ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「みつどもえ」
まさかのアニメ化です!ギリギリの一歩先に行っているマンガといえるかも…!私は矢部ひと派ですw (紹介記事)
カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
2010.06
11


本屋でぶらぶらと歩いて本を見たり、そこでの衝動買いが大好き!
まあネットもよく利用するのですが。できるだけ本屋で買うようにしています。
「第七女子会彷徨」は表紙が可愛く、元ネタ(たぶん)も知っていて気になったので
買っちゃいました。ダイナナジョシカイホウコウと読みます(さまようじゃない)


女子高生の日常世界に少しSF要素が入った話?
高木さんの天然、金やんの巻き込まれ属性、学生生活のゆるい脱力感と登場するSFアイテム、わざとはずすギャップ、ストーリーのオチの秀逸さなど本当にレベルが高い作品。読むたびに凄いと思ったりニヤニヤ展開(笑

どこか「それでも町は廻っている」に通じるところがあると思い調べると、
それ町の作者石黒先生のアシスタントをしてたみたいです。やっぱりな(キリッ
確かにギャグ、未来要素があり独特で面白い。ジャンルとして間違っていない…。
しかし、この「第七女子会彷徨」はそれだけではありません。


七女

日常の中、ときおり入ってくるブラックな言葉。
私は背筋に冷たいものを感じました
それを登場人物たちは、あたりまえのように受け入れている…。
高木はこのシーンの後に、なにを言ったと思いますか?



高木:「(先生に)坪井さん(死んだ人)は…その…天国へいきましたか?」
金やん:「高木さんて坪井さんと仲良かったんだね しらんかった」

高木:「は?何言ってんの?んなワケないじゃん」
金やん:「え?でもさっき…」

高木:「CD貸したままだったんだよ!超プレミアついてるやつ!アレだけは返してもらわないと…そうだ!メールしてみよう!」
金やん:「チャレンジャーだな 死んでんのに」



あなたは今、高木をヒドイ奴だと思いませんでしたか?
しかし、それは違うんです。この世界は現在よりも科学がはるかに発達していて、人間の心がデータ抽出できるようになって、死後デジタル天国で再生している。つまりこの高木の反応は、この世界では「あたりまえ」なんですよ。

実際、この後に学校のパソコンからデジタル天国に行って、坪井に会います。坪井は天国で生活しており、自我もはっきりしていて親や友達とも電話で話しています。2巻では学校に戻り一緒に授業、遊んだりもします。


重いテーマ「生と死」 
例えば、今と江戸時代ではこの価値観が全然違いますよね?
私は「科学技術の発展は価値観を変える」と思います。七女では死の概念がとても軽く書かれている。彼女たちには「あたりまえ」でも私には科学技術の発達は安心感と少しの不安を感じました。私たちの世界でも未来はこうなっていくのでしょうか?

深読みしすぎかもしれませんが、作者はたぶん、ねらっているんでしょうね…。
奇才つばな先生、これからも要注目です!!


なにか深いものを隠し持ちながらも、終始ゆる~く笑いながら楽しめる!
やはり登場キャラクターたちがとても魅力的でバカっぽいからだと思います。
(もちろん、良い意味で)
七女2


稀にこんな本に出会えるからこそ、こっち側の住人も増えていくんだな~
と改めて思いました(笑 ただの日常系漫画に飽きた方、変わった漫画を求める人へ
近未来系、非日常SF物語「第7女子会彷徨」オススメです!





1,2巻発売中!まじオススメ!






おそらく、第七女子会彷徨の元ネタ。
高校時代に文学部に入りたかったときに読みました。
世間的には有名ではない、さらに七女とはあまり関係ないと思いますけど、
どこかぶっとんだ内容なのが似ているかもw 
読んだ後に不思議と記憶に残る本。興味のある方はぜひ読んでみてください。

第七官界彷徨 (河出文庫)
尾崎 翠
河出書房新社
売り上げランキング: 25405
関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。