RSS
Admin
Archives

~ふらふら低空飛行~

主に漫画感想、オススメ紹介などなど。でも最近は備忘録になりつつもあり小説、アニメなど何でも有りブログ



今月期待の新刊!
GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)
「GUNSLINGER GIRL」13巻

公社、五共和国派との最後の戦い。
彼らの復讐の結果、彼女たちの未来はどうなっていくのか…。

2月の管理人の購入予定
3月の管理人の購入予定
4月の管理人の購入予定

プロフィール

tombo

管理人:tombo


なにより漫画が大好き!
特に青春、SF系、歳の差恋愛好き。
過去記事でも気軽にTB、コメントなど頂けるとスゴク喜びます。

なにか、面白い漫画やオススメがありましたら、左下のメールフォームやコメントよりお教えください~。

ブログ内検索
カテゴリ
最新記事
ブログカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Amazon検索
当ブログオススメ作品   
となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)
「となりの怪物くん」

ろびこ先生の本格初連載作品。変わった二人の不器用な恋物語!周りにも濃いキャラ盛り沢山で一押しです。男性にも超オススメ!


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)
「たいようのいえ」

大好きなタアモ先生の初長期連載。幼なじみ2人の明るく切ないラブストーリー(?)年の差恋愛好きの方にもオススメですよ!



少女ファイト(1) (イブニングKCDX)
「少女ファイト」

熱さに定評のある日本橋ヨヲコ先生の青春バレー漫画!圧倒的な熱量に芯のあるキャラ。未読の方は是非



おおきく振りかぶって (1)
「おおきく振りかぶって」
個人的には最近の野球マンガの中ではダントツ!先入観を捨てて読んでほしい。(紹介記事)

ベイビーステップ(1) (少年マガジンコミックス)
「ベイビーステップ」
本格派テニスマンガ!努力で論理テニスを追及していく。本当に実際にプレイしたくなるマンガです。テニス経験者も楽しめますよ!(紹介記事)

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)
「金魚屋古書店」

漫画好きによる漫画好きのためのマンガ。古典的名作漫画に出会えるかも。しかし漫画好きの中にも上には上がいるものです。正直心が震えました!



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
「それでも町は廻っている」

祝アニメ化!独特なノリとセンス。ハマる人はどっぷり引き込まれてしまう。気付けば読み返してしまう不思議マンガ。(紹介記事)


高杉さん家のおべんとう 1
「高杉さん家のおべんとう」
お弁当が繋ぐ心の絆!男性、女性を問わずオススメできる温かい作品です。(紹介記事)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)
「友達100人できるかな」
とよ田先生、期待の新作!対象年齢大人以上?今度はSFで直球物語だ!(紹介記事)

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
「第七女子会彷徨」
変なキャラたちテンコ盛り!ゆる~い作中になんだか深いものを隠し持ち、どこか不思議でシュールブラックな雰囲気を漂わせるマンガ。(紹介記事)

みつどもえ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
「みつどもえ」
まさかのアニメ化です!ギリギリの一歩先に行っているマンガといえるかも…!私は矢部ひと派ですw (紹介記事)
カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
2010.07
07

Category : マンガ感想
表紙

アニメ化効果で、人気作品となった「夏目友人帳」10巻の感想です。
夏目と妖(あやかし)の心温まるエピソードが大好きなんですよね。
アニメ化前の2巻の頃から買っているんですが…。
なぜかamazonにイメージが登録されないので、自分でスキャンしました。
緑川先生の絵は、幻想的で淡い感じで大好き!


7巻から、これまで心温まる日常のやりとりが描かれていたのに対し、
祓い屋一門が登場しシリアスな展開になっていきました。
ここで賛否両論あったようですが、私的にはアリ。

「人か妖、そのどちらもまだ選べない夏目」
これからどう妖や人と接していくのかということで重要な転換だと思ってます。

別れ
夏目の小学生時代の同級生が、公園で出会った少女を妖と知らずに好きになる。
途中まで自分勝手で嫌な奴と思っていたんですが、
「恋は盲目」笑 とも言いますしこれはこれでアリかな?
ラストの爽やかさがやはり「夏目友人帳」ですね。


柊

10巻、いや「夏目友人帳」における癒しの存在、柊!
大好きなんですよ。柊!
名取、夏目に対する扱いの差とかツボだったり(夏目に対しても凄くプラス感情)
このマンガの女性キャラってすごく魅力的に感じます。
私的トップは消えてしまった「燕」なんですが…。
…タキも捨てがたい(マテ


10巻の感想なんですが、個人的にはいまいち、話としては悪くないんですけど…。
私自身「夏目友人帳」という作品に愛着もあります。
どんなラストになるのか見届けたい思いも。ですが、どこか最近は冗長な気がします。
こんな感じでずっと続くとフェードアウトしてしまうかも。


けっこう辛口感想なんですが、「成長物語」として単体で考えると、以外に良かったのかもしれません
「俺の事は信じなくていい!」自らの力を隠し続けてきた昔の夏目なら
きっと、こんな事は言えなかったはずですよね?
名取の中にも変化がありそうです。考え、行動の仕方には違いがありますが、
夏目との信頼関係は強くなっている。そう感じます。


次の巻は2011年初頭…だと…?!
遅いよ…。緑川先生。
まあ、滝のエピソードみたいなんで期待して待ちますかね。
個人的に夏目が恋愛や新しいこと経験すると妖が見えなくなったりして、
物語が終わるような気がしてます。
先生との別れのシーンを想像するだけで泣ける…。
勝手な想像というか妄想レベルなんですが(笑 次巻も期待してます!


夏目友人帳 10 (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき
白泉社 (2010-07-05)



関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。